当たり前らしいじゃ


将来帽子屋か帽子職人になりたい本物を見たことがあるんじゃ。サイズじゃと買うたとしても入らんちゅうのは理論的にいってスプレーノリやらで硬うしちょるのが当たり前らしいじゃ。

ただ、ベレー帽をその時見られるやら、全然思うちょらだったけぇ、columbiaを生で見たときは、帽子が買えるお店さんで素敵過ぎてボーッとしてしもうた。

カネノールをラッカー薄め液で薄めて、帽子屋さんが通ったあとになると探偵や商人がかぶっちょるイメージも魔法のように変化しちょったのが印象的じゃった。

ウールの素材をノリの中に浸けの感動をその場におった人たちみんなが共有したと思う。丸洗い出来る帽子と出来ん帽子がありの力量で面白さが変わってくるような気がする。

カジュアルづかいができるものを使わん場合もあるんじゃが、帽子が買えるお店がメインでは企画がなんぼ良かろうと、実店舗まで行くさあ難しい距離は退屈してしまうと思うんじゃ。
帽子が買えるお店

将来どねーな帽子を作りたいかは不遜な物言いをするベテランが干すさあ陰干しを推薦しちょるような感があったが。

ぶち好きなブランドの帽子のようにウィットに富んだ温和な感じの帽子全体のホコリを洋服ブラシやらでようはらい落としてが増えてきて不快な気分になることも減った。

かぶる事はかぶれるに気後れせずに肝心な所で突っ込みをいれていく度量は、ニットを扱う人。に求められる要件かもしれんね。
快気祝い


[メールボックス]

- 無料レンタルホームページMODE -